確実に鳩の対策をしたいなら|平穏を取り戻す

ダニのいない家はない

だに

布や繊維類は絶好の棲み処

どんな家にでもダニはおり、ダニのいない家に住んでいる人はいないと言えます。それは人が快適に生活する環境と、ダニの生息に適した環境が同じだからです。ダニが生息しやすい環境を温度と湿度からみると、温度は24〜30度で湿度は60〜80%程度と言われており、人の生活よりも湿度が少し高いくらいの環境を好みます。ダニは畳やカーペット、布団や枕など、至る所に潜んでおり、人のフケや垢などを餌として生きています。したがって、人が長い時間過ごす場所や、布団、ソファーなどの布や繊維類などはダニにとって絶好な棲み処で餌の宝庫となってしまっています。人はそんなダニと同じ空間で生活している事になり、ダニに噛まれたりする事は少なくありません。また目、鼻、呼吸器、皮膚などにダニアレルギー症状が出る場合もあり、早めにダニ退治をする必要があります。

ダニを殺しただけではダメ

ダニの大きさは1mmに満たないほどの大きさで、肉眼では見えにくい事からダニ退治は難しいと言われています。一般的にダニ退治の方法は、煙やエアゾールなどの薬剤が使われています。部屋を密閉した状態にして、薬剤を部屋全体に行き届かせて退治する方法で、ダニに限らずペットなどのノミにも効果があります。これらの薬剤はダニを殺すのが目的ですが、完全にダニ退治をするのであれば、最初に「ダニが繁殖しにくい環境を作る」事から始める必要があります。次に「殺す」「死骸を取り除く」の3つを行って本当のダニ退治になります。殺したままで死骸をそのままにしておくと、ダニアレルギーやダニの増殖の原因になってしまいます。必ず充分な掃除機かけをして、死骸を取り除く事がダニ退治には必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加